茨城県守谷市 小林石材工業 知って安心!"そのときどうする?"あなたとご家族の「葬儀」と「お墓」
葬儀の基礎知識 お墓のお悩みQ&A 墓地選びのポイント よいお墓を建てるには お墓を建てたその後は トップページ
お墓をつくろう!



photo
墓地はどうやって選べばいいの?
◆ 墓地と霊園はどう違う?
◆ 墓地選びのポイントは?
◆ お墓はいつ求めればいいの?
◆ 永代使用権ってなに? 他
Click!
小林石材工業 TEL 0297-45-0829

photo  
墓地のご紹介
稲田石と真壁石
小林石材工業のサービス
会社概要
お問合せ
安心のお墓のリフォーム
参考価格




▼ 開眼法要ってなに? ▼ 納骨するには?
▼ お墓のお手入れ・リフォーム方法 ▼ お墓のお引越し
▼ 建て替え後の古い墓石はどうなるの?  




「開眼法要」(かいげんほうよう)は新たに建てられた墓石に魂を入れる儀式のことで、「入魂式」「魂入れ」「お性根入れ」などとも呼ばれます。
地域により少しずつ方法が異なりますが、一般的には墓前に花や果物・酒・塩などを供え、僧侶にお経をあげてもらいます。
  開眼法要を行う時期としては、お墓の完成日、故人の四十九日、百ヵ日、一周忌、三回忌などのほか、親類縁者が集まりやすいお彼岸やお盆の仏事にあわせてという例も多く見られます。
また、すでにご遺骨がある場合は、開眼法要を「納骨法要」と兼ねて営むことが多いようです。
▲ ページのトップへ




  埋葬の準備
埋葬するには「霊園使用承諾書」と「印鑑」を添えて、「埋葬許可証」を墓地の管理事務所へ必ず提出しなければなりません。埋葬許可証は、火葬場の職員が遺骨とともに渡してくれるはずの証明書です。

納骨の日が決まったら、家族や親類、故人と親しかった人たちに連絡します。
石材店にも連絡し、墓石に戒名など彫ってもらいます。生前に建てた寿陵墓の場合は、墓石の文字から朱色を取り除いてもらいましょう。

納骨法要
仏教では、納骨時に「納骨法要」を行います。

新しくお墓を建てた場合の納骨法要は、開眼法要を兼ねた形で行われるのが一般的です。
すでに先祖を祀っているお墓に納骨する場合には、納骨法要のみを行います。

<納骨法要の一般的な流れ>
本堂で読経と焼香を行う 参列者全員が本堂に集まります。仏前には遺骨が安置され、読経が行われます。僧侶の指示で、故人との血縁の濃い順、縁の深い順に、全員が焼香をします。(最近では行わないことも多いようです)
お墓を清掃する お墓の周囲の雑草やごみを掃除し、墓石を清めます。
墓前に供え物をする 墓前に酒、洗米、塩、果物、菓子などをお供えし、花を活け、線香やローソクを灯します。
墓前での法要 墓前で、お墓の開眼法要(必要な場合)と納骨法要を行います。
納骨 石材業者が納骨室の入り口の石を取り外し、納骨します。
読経と焼香 僧侶の読経の間に、参列者全員が再び焼香をします。
会食をする 宴席を設けます。
▲ ページのトップへ



  お墓のお手入れ
墓地の管理料は、通路や緑地、その他施設など公共部分を管理するための料金です。お墓の区画内の管理・清掃は、原則として使用者が行うことになっています。

お墓の清掃は、「墓石を洗う」ことと「敷地内の草むしり」を中心に行うとよいでしょう。
  墓石を洗う
水を含んだスポンジかやわらかい布で洗います。頑固な汚れにはタワシを用いてもかまいません。ただし彫刻の部分や角は欠けやすいのでご注意を。文字部分は歯ブラシを使うと便利です。水垢やシミには、石材店などで売っているシミ抜き用洗剤をおすすめします。家庭用の洗剤はかえって傷みますので避けてください。磨き終わったら水を拭き取っておきましょう。
●草むしり
小さな鎌を持参すると便利です。玉砂利の間の草の根も簡単に取ることができます。
その他
敷地内に木が植えてある場合は、植木ばさみを持参して剪定を行いましょう。木が大きくなり根が広がると、石の柵を圧迫して、ひび割れや崩れの原因となります。

遠距離に住んでいてお参りに行くことができない人に代わり、お墓の清掃を行ってくれるサービスもあります。墓地の管理事務所か、石材店に問い合わせてみましょう。
お墓のリフォーム
  ・石塔の光沢を取り戻したい
・石塔の傾きやカケを直したい
・壊れた香炉や花立を交換したい
・文字部分の化粧直しをしたい
・彫刻を追加したい
・水はけをよくしたい
・付属品・装飾品を追加したい
・ご先祖さまのお墓をひとつにまとめたい
・石塔を建て替えたい
といった場合には石材店に相談し、リフォームを行いましょう。
  リフォーム例
リフォーム前   リフォーム後
▲ ページのトップへ



  遠くにある実家のお墓をいま住んでいる家の近くに持ってきたい、などの場合、お墓の引越しを行うことができます。
お墓のお引越しは、いったん埋葬した遺骨を他のお墓に移すことに等しく、これを「改葬」といい、所定の手続きが必要となります。

一般的な改葬の手続き
(1)移転先の墓地の管理者から「受け入れ証明書」を発行してもらいます。
(2)前の墓地の管理者から「埋葬証明書」を発行してもらいます。
(3)区市町村役所に申請し「改葬許可証」を交付してもらいます。
(4)前の墓地の管理者に「改葬許可証」を提示し、遺骨を取り出したのち、僧侶に「お魂抜き(閉魂法要)」をしてもらいます。お魂抜きは、お墓から仏様の魂を抜いて元の石の状態に戻すための法要です。
(5)新しい墓地の管理者に「改葬許可証」を提出します。
(6)新しい墓地に納骨し「納骨法要」をしてもらいます。

移転先に新しくお墓を建てた場合は、「納骨法要」の前あるいは同時に「開眼法要」を行います。

前のお墓から墓石の移転が可能な場合は
 石碑撤去 → 現地修復 → 搬送 → 据え付け
という工事を行うことになります。
ただし墓石の持込みができない寺院・霊園も多くありますので、必ず事前に確認しましょう。
▲ ページのトップへ



建て替えや移転によって役目を終えた古い墓石は、石材店に頼んで処分してもらいます。通常は産業廃棄物として処理されます。

■ 古い墓石を石仏に ■

小林石材工業では、捨てられるはずの古い墓石を使って石仏をおつくりするサービスを行っております。何代にもわたってご先祖様が守り続けてきた石を、新たな形で残すことが可能です。お気軽にご相談ください。

TEL 0297-45-0829 小林石材工業

 

提携仏師<石彫薬師>のページへ リンク

▲ ページのトップへ

株式会社小林石材工業