茨城県守谷市 小林石材工業 知って安心!"そのときどうする?"あなたとご家族の「葬儀」と「お墓」
葬儀の基礎知識 お墓のお悩みQ&A 墓地選びのポイント よいお墓を建てるには お墓を建てたその後は トップページ
お墓をつくろう!



photo
墓地はどうやって選べばいいの?
◆ 墓地と霊園はどう違う?
◆ 墓地選びのポイントは?
◆ お墓はいつ求めればいいの?
◆ 永代使用権ってなに? 他
Click!
小林石材工業 TEL 0297-45-0829

photo  
墓地のご紹介
稲田石と真壁石
小林石材工業のサービス
会社概要
お問合せ
安心のお墓のリフォーム
参考価格





▼ 墓地と霊園はどう違う? ▼ 墓地選びのポイントは?
▼ お墓はいつ求めればいいの? ▼ 永代使用権ってなに?
▼ お墓を買うときに必要な費用は?  




ご遺体・ご遺骨を埋葬するよう定められた地域を「墓地」といいます。
いわゆる「霊園」も墓地であることには変わりありません。一般的に区画や道・樹木などが整備され公園風につくられた墓地を指して呼びます。

現在、墓地の経営は地方公共団体、宗教法人、公益法人に限られています。主に経営主体の違いによって、墓地は次の3つに大別され、それぞれに異なる特色を持っています。
寺院墓地
(寺院霊園)
一般的にお寺の敷地内にあり、その寺院が所有・管理しています。
<メリット>
* 立地条件がよい
* 葬儀や法要に便利
* 管理・供養の面で心配がいらない
<デメリット>
* 檀家か同じ宗旨・宗派であることを条件とする場合が多い
* お布施や寄付などを求められる場合がある
公営墓地
(公営霊園)
都道府県、市町村などの地方自治体が運営・管理しています。
<メリット>
* 永続性が他墓地より確実
* 使用料や管理料が安価
* 宗旨・宗派を問わない
<デメリット>
* 希望者が多く都市部では空きがない
* 「すでに遺骨があること」や「その自治体に一定期間居住していること」などを条件とする場合が多い
民営墓地
(民営霊園)
財団法人や社団法人が運営しています。
民間が宗教法人から運営の委託を受けている場合もあります。
<メリット>
* 数が多く選択肢に幅がある
* お墓のデザインなどの制限が少ない
* 宗旨・宗派を問わない
<デメリット>
* 料金が高い
* 郊外にあり交通が不便
* 管理・運営業者によっては信頼性に欠ける場合がある
墓地のご紹介

▲ ページのトップへ



墓地を選ぶ際には次のような点をチェックしましょう。

1.宗旨・宗派の条件が自分にあっているか
墓地・霊園によっては、宗旨・宗派を問われる場合があります。自分の属する宗旨・宗派は何かを確認したり、今後その宗旨・宗派でよいかなどを考えましょう。

2.立地・アクセス
お参りに行きやすい場所であることが理想です。交通の便などを調べましょう。
 

3.価格
墓所を求めるには、永代使用料、管理費、墓石費用が必要です。その他、開眼供養のお布施などの諸経費もかかります。管理事務所や石材店に問い合わせ、金額やその内訳を確認しましょう。

4.環境
墓地の環境としては、日当たりや風通し、水はけのよいところが望ましいといえるでしょう。山間部などでは地盤もチェック。

5.設備
管理事務所、駐車場、休憩所、法要設備などの有無や規模を確認しましょう。最近ではバリアフリーに配慮した霊園も増えています。

6.管理
定期的な清掃や見回りを行ってくれるのかどうか、管理体制を調べましょう。
▲ ページのトップへ



  最近では「寿陵(墓)」を求める方がたいへん増えてきています。「寿陵」とは生前に建てるお墓のことをいいますが、古来より寿陵はめでたいものとされています。またお墓、仏壇、礼拝物などは相続税の対象外であるため、寿陵墓の購入は節税対策にもなります。

お墓には、いつまでに建てなくてはならないという決まりは特にありません。しかし遅くとも三回忌までには建立して納骨したいものです。一般的には、四十九日や一周忌などに合わせて建て、法要と開眼供養を同時に済ませることが多いようです。
▲ ページのトップへ



一般に「お墓を買う」といいますが、正確には「墓地スペースの永代使用権を買う」であって、土地の所有権を買うわけではありません。
この使用権を得るための料金がいわゆる「永代使用料」です。
▲ ページのトップへ



  永代使用料
墓地の永代使用料は一般的に寺院・民営・公営の順で高いといわれています。しかし一概に安ければいいというものでもありません。販売区画の大きさ、立地、環境、設備、管理体制などと合わせて比較検討するのがいいでしょう。

墓石費用
墓石本体、外柵、工事費の3つが建墓に必要な費用とされます。
墓石の価格は、石の種類や大きさなどによって数10万円?1,000万円以上と、かなりの幅があります。
また、ほかに付属品(墓所内に置く墓誌、燈篭、手水鉢、名刺受け、植木など)を建てるなら、別途その費用もかかります。
管理費
お墓を購入したのちは、墓地の管理者へ毎年、管理費を支払うことになります。料金は墓地の広さにより異なり、数千円?1万円程度のところが多いようです。
管理費は滞納すると使用権を取り消される要因にもなりますので、払い忘れのないよう注意しましょう。
▲ ページのトップへ

株式会社小林石材工業